うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】

サイトメニュー

ハート

女性ならではの悩み

うつ病は女性のほうが発症しやすく、さまざまなタイプがあります。抗うつ剤などの薬物治療が有効ですが、抵抗がある人も多く長引きやすい傾向にあります。しかし、なりやすい反面、脳の構造上、抗うつ剤の反応は良く効果が出やすいのが一般的です。

詳しく見る

男性

お腹にくる理由

セロトニンは消化器官に多いため、この物質に作用する抗うつ剤を飲めば、下痢などの胃腸障害を起こしやすいですが、服用を続ければ副作用は大抵おさまります。うつ病の治療薬には服用中の車両運転が禁止されているタイプも多いので、十分な注意が必要です。

詳しく見る

ウーマン

精神病治療の方法

精神病の一つのうつの症状は薬を使った治療が効果的で、症状に合ったものを選べば良い状態に変えられます。クリニックでもらえるうつ病の薬は脳に直接影響を与えるので、最初は違和感を覚えますが慣れれば問題なく利用できます。

詳しく見る

看護師

眠りも立派な予防策

適度な運動はうつ病の予防に有効ですが、いつもと心が違う時は早めに精神科を利用して、悪化を防ぎましょう。うつ病は保険を使って治せるため、3割負担の初診なら2,500円から3,000円程度であり、薬が出た時は調剤薬局で支払う薬代が別途必要です。

詳しく見る

医療

個人差が大きい疾患

うつ病は、自身の不調に気付き診断を受けるところから治療が始まります。身体の不調には薬を、心の治療にはカウンセリングを用いるのが一般的です。病院の評価や薬の口コミをネット上で見かけますが、鵜呑みにせず、よく問い合わせることが大切です。

詳しく見る

納得してスタート

医薬品

種類は多い

うつ病を発症したら主治医と相談し、治療計画に基づいて治療を進めていくことになります。その治療ベースとなるのが薬物治療です。この治療では、決められた量を守り、決められた時間に抗うつ剤などの薬を服用していきます。本人の症状や体質に合わせて種類や量を調整しているので、自己判断で勝手に量を減らしたり、服用を中止したりしないことが重要です。うつの症状が重い最初のうちは、家族などに管理してもらうこともあります。この薬物療法に関しては否定的な人もいます。うつ病は脳の病気なので、本来は薬を服用することで、その成分が脳に働きかけ、症状を和らげてくれる仕組みです。ところが、脳に作用することで、本来の自分ではなくなったり、自分が中毒患者のようになってしまったりするのではないかという不安を抱えてしまうわけです。抗うつ剤によって、人間の本質が変わることはありません。症状が緩和されて、負担が軽減されることでそのような気持ちがなくなることも事実です。仮に不安がある場合は、主治医や薬剤師に相談して不安感を取り除くことが大事になります。あくまでも納得したうえで、治療をすることが原則です。うつ病治療の柱となる薬物療法で中心的な役割を持つのは、抗うつ剤です。抗うつ剤にはいくつかの種類があり働き方は少しずつ異なりますが、セロトニンやノルアドレナリンなど神経伝達物質を増やすという点が共通しています。現在、うつ病患者に最も多く使用されているのがSSRIで、セロトニンの働きを強める選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。その次に使用されているのが、有効性はSSRIよりソフトな印象のSNRIです。セロトニンに加えて、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。これらの抗うつ剤の効果が出ない場合は、元々うつ病治療の主流であった三環系や四環系タイプを使用します。そして、新しく開発されたNaSSAはノルアドレナリン作動性、特異的セロトニンの作動性抗うつ剤です。一日一回の服用でよく、効果がある人にはほかのタイプと比べて割と早く効果が出るため、早期に有効性の判断ができるのもメリットです。仮に躁状態も見られる場合や抗うつ剤の作用を増強したいときには気分安定薬を使用したり、症状に合わせて他のものも処方されたりします。ただし、うつ病での気分安定薬は保険適用外となるため、保険適用できる抗精神病薬を併用することもあります。

人気記事

ハート

女性ならではの悩み

うつ病は女性のほうが発症しやすく、さまざまなタイプがあります。抗うつ剤などの薬物治療が有効ですが、抵抗がある人も多く長引きやすい傾向にあります。しかし、なりやすい反面、脳の構造上、抗うつ剤の反応は良く効果が出やすいのが一般的です。

詳しく見る

男性

お腹にくる理由

セロトニンは消化器官に多いため、この物質に作用する抗うつ剤を飲めば、下痢などの胃腸障害を起こしやすいですが、服用を続ければ副作用は大抵おさまります。うつ病の治療薬には服用中の車両運転が禁止されているタイプも多いので、十分な注意が必要です。

詳しく見る

ウーマン

精神病治療の方法

精神病の一つのうつの症状は薬を使った治療が効果的で、症状に合ったものを選べば良い状態に変えられます。クリニックでもらえるうつ病の薬は脳に直接影響を与えるので、最初は違和感を覚えますが慣れれば問題なく利用できます。

詳しく見る

看護師

眠りも立派な予防策

適度な運動はうつ病の予防に有効ですが、いつもと心が違う時は早めに精神科を利用して、悪化を防ぎましょう。うつ病は保険を使って治せるため、3割負担の初診なら2,500円から3,000円程度であり、薬が出た時は調剤薬局で支払う薬代が別途必要です。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】 All Rights Reserved.