うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】

サイトメニュー

個人差が大きい疾患

医療

自分が気付くところから

うつ病の治療は、まず自分が心や身体の不調に気付き、病院で診断を受けるところから始まります。症状が軽度であったり、誰にでもあるストレスの一環と感じたがために病院に行く機会が無いと、うつ病であると気付けないまま過ごしてしまい、症状が悪化して病院に行くことすらできなくなったり治療に時間がかかったりすることがあります。病院では、問診や心理テスト、スコアリングを踏まえてうつ病の診断が下ります。原因は人間関係や家族トラブル、金銭問題、学業や仕事の悩みなど個人差が大きく、またそれらからくるストレスが複雑に絡み合っていることが多いため、一般的には現時点で心や身体に起きている不調を整えながら根本解決を目指していく流れとなります。具体的な治療法は、心の症状に対してはカウンセリング、身体の症状に対しては薬を用います。うつ病では身体に症状が出ることも多く、実際に身体の内部には問題がないこともあるため薬で対症療法を行うことが一般的です。また、心の治療についても気持ちの落ち込みを和らげたり自律神経の作用を整えたりする薬を用いて治療することもあります。うつ病は多岐にわたる原因が絡み合って起こるため、自分に合った病院を探すことが治療においてとても大切です。病院の探し方はインターネットでの検索や口コミを参考にされることが多いですが、口コミが良いからといって自分とも相性が良いかと言われると必ずしもそうではありません。忙しい仕事や学業の合間をぬって通わなければならない人には待ち時間が短く問診も手短な病院が心地よいですし、たっぷり時間をかけて治療したい人は長めのカウンセリングを取ってくれる病院が良いでしょう。その病院がどのようなスタイルで診療を行っているかは、ホームページや電話での問い合わせで知ることができます。通い始めてからやはり合わないとなって転院するのは気力が要りますし、初診料などの費用もかさみます。病院は基本的に問診を取って薬を処方するのが主なので、じっくり話を聞いてほしい場合は別途カウンセラーのところへ通うのがお勧めです。薬についても、SNSや掲示板などで自分にはこの薬が効いたという書き込みを見かけることがありますが、うつ病の症状は人それぞれで合う薬も異なります。この人に効いたからといって自分にも効くかもと根拠のない期待はせず、医師の方針に従って処方薬を使用することが大切です。

Copyright© 2018 うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】 All Rights Reserved.