眠りも立派な予防策|うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】

うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】

サイトメニュー

眠りも立派な予防策

看護師

診察料の相場

上手にストレスと付き合い、心に負担をため過ぎないことが、うつ病の予防対策です。特に適度な運動は心地良い疲労感を生みますから、夜もぐっすり眠れるようになり、心と体のリフレッシュにつながります。昼間にたまった脳の疲れも寝ている間に回復しますから、質の高い眠りを心掛けることは、うつ病対策の基本です。寝不足が続けばうつ病を呼び込みやすくなるため、夜更かしなどは可能な限り控えるようにしましょう。そして、いつもと違う心の状態に気付いた場合、先ずは精神科を受診して、病の芽を摘んでおくのが肝心です。心に余力があるうちに治療を始めれば治りも早いので、本格的なうつ病になるのを阻止できます。病院へ行けば抗うつ剤も処方してくれるため、薬を使ってうつ病対策が行えるのも強みです。不眠症状が出ている場合は睡眠薬なども出してくれますから、寝不足を改善して、効率的にうつの悪化を防げます。医療機関は予防目的でも使えるので、気兼ねせずにお近くのメンタルクリニックなどを利用しましょう。多くのうつ病は健康保険を使って治せるので、3割負担なら初診の診察費は2,500円から3,000円程度、再診なら1,500円から2,000円程度です。検査を行った時は費用が別途加算され、薬が処方された時も、処方箋代や調剤薬局で支払う薬代が必要になります。最初のうちは治療が安定するまで短い間隔で通うことがあるため、初診後の数回は、薬代もそれほど掛からないかもしれません。また、軽度のうつ病なら薬は処方されず、医師との対話だけで終わる場合があります。一方、本人が受診を拒絶している状況なら、家族の人だけで精神科医に相談できるのが一般的です。ただしその際は健康保険が利用できず、自由診療になることがあるため、事前に精神科へ問い合わせておくと良いでしょう。例えば、3割負担の初診料が2,500円のクリニックなら、自由診療だと概ね8,300円前後になります。そのほか、じっくり話を聞いてもらえることからカウンセリングも人気の治療ですが、基本的に自由診療のため、1時間前後で5,000円から10,000円程度が相場です。

Copyright© 2018 うつ病に対する薬物療法とは【抗うつ剤などの薬を服用】 All Rights Reserved.